ニキビのレーザー治療について

ニキビあとを残したくないという方におすすめなのがレーザー治療です。皮膚科や美容外科にて行うことができるレーザー治療の内容について紹介します。

○CO2レーザー
代表的なレーザー治療で、ニキビあと治療に一般的に用いられています。
水分に反応する赤外線をあてて、熱エネルギーに変換することで皮膚を焼くという治療です。ニキビあとやほくろ、しみ、シワを改善するために広く用いられています。
ニキビあとの治療としてこのレーザー治療をした後には、ほてりや赤みが残ることが1~2ヶ月間ありますが、改善を目指すためにこの治療を何回か繰り返して受ける必要があります。
○クールタッチレーザー
真皮上層の繊維芽細胞を刺激することで、コラーゲンを生成させ、ニキビあとやシワを改善させることができます。
これは冷却装置によって、これまでのレーザーのように表皮を熱で傷つけることなく治療できます。治療後に赤みを帯びたりすることがないので、治療を誰にもばれることはありません。料金的には比較的安いのですが、効果を得るためには複数回の治療が必要です。
○クリアタッチ
ニキビの原因になるアクネ菌が産出するポルフィリンという化学物質に反応するレーザーを照射します。それによって、アクネ菌を殺菌し、ニキビの発生を防ぐのです。
青色光でアクネ菌を殺菌し、赤色光でニキビの赤み、炎症を抑えて、局部的に熱でアクネ菌を殺菌していきます。
これもクールタッチレーザー同様に表皮を傷つけることなく治療でき、繰り返すニキビや難治性のニキビにも効果があります。胸部、背中ど広範囲を治療することもできます。
○Vビームレーザー
赤色色素に反応するレーザーで、皮膚の赤みの原因を破壊することで、赤みのあるニキビあとの改善ができます。レーザー出力を抑えることで、コラーゲンの産出を促すことができ、にきびあとのへこみを改善できるとされています。若干の痛みがある治療です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ