ニキビの原因はストレス?それとも体質?

日頃からニキビができやすく、ニキビ体質だと思っている方、その原因は一体何なのか、ご存じでしょうか?
大人のニキビの大きな原因の1つはストレスであると考えられています。ただ、ストレスはないと思っている方、体質だと思っている方、それは本当なのでしょうか?検証してみました。

<ストレスでできるニキビ>
ストレスでなぜニキビができてしまうかというと、ストレスで緊張状態になることで血流が滞り、血のめぐりが悪くなってしまいます。そうなると、体では男性ホルモンを多く分泌させるようになります。
この男性ホルモンが、肌あれやニキビの原因となるのです。ストレスが原因でホルモンバランスが崩れるというのは、こういうことです。
だからこそ、ストレスをずっと受け続けるのはよくありません。
自分のストレス解消法を、見つけることが重要です。例えば、スポーツをしてみることや、趣味に没頭するなど、自分の好きなことを見つけてみましょう。
たまに、ニキビができることがストレスだという人がいます。
この場合は最悪です。ニキビができ、それがストレスになり、さらにニキビができてしまうという悪循環に陥る可能性があります。ですから、ニキビができても、あまり神経質にならないようにしましょう。

<体質が原因のニキビ>
私はニキビ体質です。という人が良くいますが、それは、どんな体質なのでしょうか。
皮脂が多い、ホルモンバランスが悪い、内臓が弱いなどなど、体質と一言でいっても様々です。体質だと思われる方は、専門の皮膚科や美容外科へ治療に行くことをおすすめします。適切な処置により、改善が見込めるでしょう。
ですが、病院にだけ頼るのは良くありません。
日々の食事や生活習慣など、自分でできるニキビケアはしっかりと行うことを忘れずに。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ